スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 9話「In Your Memory」

ベッドに横になっている奏
そしてつきっきりで看病している音無
そして奏がベッドで目を覚まさないのを悲しんでいる音無

いつの間にか寝てしまった音無が見た記憶の夢
それはいままでよりも死に際が鮮明に捉えられたものでした

前回の事故により死んだと思われた音無
しかしそれもまた死因がわからないものでした。それは音無はまだ死んでいなかったからなのです

一命を取り留めた音無だったが、そこには悲惨な光景が・・・
人命救助のため、そこで出会った五十嵐と共にけが人の手当てをする
そして皆で協力しあい、救助を待つもなかなか救助がやってこない
自分もあとわずかしか持たないと感じた音無は自らのドナーカードのすべてを提供するとカードに記すことに・・・
それを見た一同も音無と同じようにドナーカードに記入をしていく・・・
五十嵐「なぁ、やっぱお前はすげえよ・・・音無。見ろよあれだけ絶望していた連中が皆誰かに希望を託そうとしている。お前が皆の人生を救ったんだぜ・・・音無。なぁ、音無・・・聞いてんのかよ・・・音無・・・」
このシーンは感動的でしたね!
音無は自分の死ぬ間際にドナーカードの記名により妹のような子を減らすために立派に尽力し、そして皆に希望を与えて死んでいったわけです

今までにもいい話はあったけれど、これはかなりいい話でした
皆を助けて自分は助かることができないってのはよくある話。それでもこれはかなりの感動モノだった


そして目覚めた音無の目の前に起きていたのは良心的な天使ちゃん!

その後の音無と奏の会話にて音無は気付いたことが・・・
天使ちゃんは皆を消すためにみんなと戦っていたのではなく、皆が嫌な思い出を持ったままこの世界に居続けるのはよくないことだと思ってのいわば説得のようなものだったのです
天使ちゃんマジ天使!!不器用な天使ちゃんかわいい!!

それを無下に一方的な攻撃をしていたSSS。絶対に許さない・・・といいたいところなのですが、まぁ今回は双方不器用で思い違いがあったということで五分五分ですね


今回はかなり謎な部分が明らかになった気がします
以前まで明らかにされることのなかった死因。そしてそれからくるこの世界の謎
今回音無の死に際が描かれた事により、この世界は肉体的に死んだ人が来る世界で、青春時代を謳歌することのできなかった人達がやってくる世界だということが確定しました
これはかなり大きなポイントではないでしょうか・・・期待していた7話なんかよりもかなり情報が明らかになりましたね

そしてこれから音無が天使と組んで皆を説得していく話になっていくわけです
これからは今までの死んだかどうかわからない記憶とは違ってかなり細かな部分まで描かれるようになっていくのでしょうね
これから暴かれていくであろう全員の記憶・・・あんな中途半端な記憶を見せられちゃ余計気になっちゃう!

復帰した天使とSSSに所属しながら天使へ力を貸していくスパイ的な立ち位置になることを決意した音無
これは簡単に言えば味方の姿をしつつも仲間をだますことになるのだろうけれどこれからどうなっていくのだろうか・・・

音無と天使の作戦により過去が明らかになりそして説得された仲間たちは岩沢さんのように消えてしまうのだろうか・・・そしてその先に待っているものとは・・・

うーん次週が待ち遠しい!1話でこけたのがうそのような期待感
これがkey作品の感動パワーだというのか!

天使ちゃんマジ天使!!ストーリーも気になるけど次回の天使ちゃんも気になる!!
スポンサーサイト

テーマ : Angel Beats!
ジャンル : アニメ・コミック

Angel Beats! 8話「Dancer in the Dark」

天使ちゃんが2人!?

前回登場した2人目の赤目の天使
そして、元生徒会長・オリジナルである奏の分身です
分身の原因は魚釣りでみんなを助けようとしたときに出てきた分身
あれって消えてなかったんですね・・・てっきり消えたかと思っていました・・・あと、分身したシーンでは両方目が黄色かったのでどっちなのかよくわからなかったんですけど、この時分身した方で間違いないようですね

そして分身の天使ちゃんはとにかく好戦的
天使の行動プログラム自体は素行のよくない生徒の抑制なので真面目にしている分には攻撃してこないものの、違反を見つけるとすぐ行動にうつすようですね


ゆりがなんとかプログラムを書き換えるものの、相手の行動が一歩早く、オリジナル天使は捉えられてしまいました
行動に制限はあるもののある程度の自我はあるようですね。意識を持っているとも言っていましたし

そしてオリジナル天使を助け、書き換えたプログラムを起動させるために実行したギルド潜入作戦
天使がまた2人!!
そう、分身天使はオリジナルと同じ能力のためハーモニクス(分身)が使えるんですよね。なので天使は天使を大量に分身して増やしていたわけです。
意思疎通能力はおそらくないものの、とある魔術の御坂妹のような感じですね

しかもこちらは限られた人数で武器も限られている。むこうは武器を発動できますからね勝ち目的にはほぼ無いわけです
そこで松下5段の思いついた作戦は我が身を犠牲にし、柔道の押さえこみにより天使を足止めしてメンバーを先に進ませるといったものでした
これは以前のギルド降下作戦と似た作戦ですね
しかしこうするしかないという松下5段のとっさの行動・・・漢ですね・・・


そして今回爆心地まで生き残ったのは音無、ゆり、ユイの3人
最下層までは一気に降下していけたはずですが、途中でユイが鉄柱にぶつかり自滅したので実質2人ですね
バカピンクとか散々言われてますけどホントにバカだった・・・


そして分身天使との最終戦
あらかじめガードスキル・ハウリングの存在を知っていたゆりはそれほど苦労することもなく天使の行動を抑制し、音無も無事奏を発見することに成功します

そして改変されたハーモニクスの発動・・・しかし分身天使の怪しげな言葉
音無「すべてこいつの中に戻る」
天使「あれだけの数の冷酷な私達が?」
音無「どういうことだ?」
天使「分身にだって意識はあるの。それは消えてしまうわけじゃない。同化するの・・・あなた達を襲ったたくさんの私達がこの子の中にもどるの」
「それだけの意識を一度に吸いこんでしまって、ただで済むと思う?」
音無「あ、あぁっ・・・」

天使「時間ね・・・」
音無「待ってくれっ!!」

音無の叫びもむなしく分身天使はすべて奏の元へ・・・

はたして天使ちゃんは無事でいることができるのだろうか・・・


天使ちゃんが苦しむのを見るのはつらい
天使ちゃんが天使じゃなくなっちゃうのなんて見たくないよ!!

テーマ : Angel Beats!
ジャンル : アニメ・コミック

Angel Beats! 7話「Alive」

前回、直井は自分の願いである他人に認めてもらうという願いがかなったので消えるのかなぁとも思ってたんですけど消えませんでしたね
それどころかSSSメンバーになってるとは・・・
「神」ですから消えないんですかね?まぁ自称ですけども

自分の存在を認めてくれた音無には敬意を示しているようですね
前回あれだけ偉そうだったのに今回急にさん付けになってましたからね
驚くほどはやい心変わりです・・・


今回、直井の催眠術によって音無の忘れていた記憶を呼び戻すことに成功し、音無は記憶を取り戻すことができましたね

入院している妹がいて、妹の「ありがとう」を聞くために自分は頑張っていた
思い出作りのために良かれと思って妹を外に連れ出したために妹は亡くなってしまった
そして妹が亡くなってから自分は何のために生きていたのかということと自分の過ちに気付いたわけです
それから自分達のような人を減らすために医者になろうと再度頑張るが、受験当日に脱線事故で夢半ばで・・・

今回もハッキリとした死因なんかはよくわからないままでしたね
音無については何故記憶を忘れていたのかもわかってませんから、まだまだ謎は多いままですね
そもそも全員こんなに曖昧だと死んでるのかさえどうなのかわかりませんからね
植物状態の可能性もまだ無くはないと思います
死後の世界っていう設定らしいですけど死んだっていってるのだって本人達だけですしね・・・(他に言う人はいないんだけど)


7話でいろんなことが分かってくるとかっていうのを書いてるブロガーさん達が結構おられたのでわくわくしていたんだけれど、案外普通のお話でしたね
確かに記憶を失っていた音無が記憶を取り戻すのは結構重要な目的だったはずだけれど、記憶は感動的ではあったものの普通の話で、自分が少し変わった(記憶が戻った)だけで物語も特に変化はなかったですしね

音無が記憶を取り戻すの自体はまさか催眠術が出てくるなんて思ってもいませんでしたが、予告のラストが音無になってからはそろそろ取り戻すんじゃないだろうかくらいになってましたからね



変わった事、新たに出てきた事といえば
天使が2人になっちゃったということ(立花は自分は天使では無いと言っているけれど)
姿は同じなものの瞳の色と性格は違うようですね
こちらは敵(?)から仲間に変わった天使で、向こうは新たに現れた冷徹な天使・・・なんかDBZの魔人ブウみたいですね

さて、同種で対立し争う物語にはターミネーターやDBの魔人ブウ編なんかがありますけれど、Angel Beats!も新・天使VS元・天使+SSSのバトルになっていくのでしょうか!
まぁ、新たな敵が現れたって流れはほぼバトルになるのだけれども・・・
でも単純に天使と戦っていくうちに何かに気づいていく感動物語だと思ってた側にしてみれば戦闘により何かを解決させようとする冷酷そうな真打は驚きですね
元・天使みたいに話していくうちに仲間になるっていうことができなかったら戦うしかないですからね


ただ、似てると言ってあげたターミネーターやDBといった話は平和を乱す者から平和とか人々を守るために戦っていく物語なので物話として確立できるんだとおもうんですよね
対してこれは私欲のために戦っているわけですから、新たな敵がわざわざ現れた理由や意味なんてのが今後の重要なポイントになると思いますね

いまのところかなりいい作品だと高評価な気がしますけど今後の展開でおおきく評価が変わることだってあるかもしれませんからね・・・


未だ謎多きAngel Beats!
次回は何かがわかってくるのでしょうか

テーマ : Angel Beats!
ジャンル : アニメ・コミック

Angel Beats! 6話「Family Affair」

前回、直井は神に創られた者なんじゃないかと書きましたが、ゆり達と同じ死んだ人間だったようですね

外見は真面目にやってたし、自分の上に天使がいたからそこまで存在が露わになることが無かったというわけだ
で、隠れて一般生徒に暴力をふるっていたから消える事もなかったと・・・


直井は暴力をふるうからこの世界で成仏せずにいてこれましたが、模範的な生徒である橘はなぜ消えなかったのだろうか
「天使」と呼ばれる存在だからなのでしょうか・・・でも神と関係のある存在では無いという結論に至っていたはずだけれど・・・

そして今回、麻婆豆腐を食べていた時に、好物であるはずの麻婆豆腐が自分の好物だと初めて知ったといっていましたね
人間ならば過去の記憶とかがあるからわかるはずだと思うんだけれど・・・
もしかしたら橘も記憶が無いとかなのかもしれませんね
以前、音無も記憶が無いのにテスト問題が解けるのを少し疑問に思ってるシーンがありましたしそれなら天使が何故か麻婆豆腐が好きということでもおかしく無いような気がしますし

生前の記憶が無いから自分が死人だということすらわかっていないとか・・・よくわかってないから模範的でも模範的かどうかわかってないとか・・・・・いや、でもそんな設定は考えにくいかぁ・・・

天使はやっぱりその世界に創られた者設定もここまで謎に包まれてるとまだあってもおかしくはないような気がしますね


直井は神を目指したそうですが、私が思うには直井は自分が意味のある存在だと認めてほしかったんではないでしょうか
生前直井は意味の無い存在で、兄が死んだ後に頑張って父親に認めてもらおうとしていたわけです
しかしその矢先に父親が床に伏せ、これで直井が認めてもらえることは無くなり、また意味のない存在になってしまったわけですから、それが未練となってこの世界にやってきた・・・本人はそれを神を選ぶ世界なんだと想像してしまった。そんな気がします
生徒会長は不良(=SSSメンバーであり未練のある人間であった者)を取り締まる役割ですからそこで不良達を成仏させていくことによって「神」という不良を成仏させる役割をもった意味のある者になろうとしたということではないでしょうか


最後に音無に諭され、音無から自分の存在を認めてもらい涙を流していましたが、あの後どうなってしまうのでしょうか
もし存在を認めてもらうというのが未練であるならば成仏するという結果になりそうな気がするのだけれど
涙を流したシーンで終わったのでどうなったのかは来週ということなのでしょうね

テーマ : Angel Beats!
ジャンル : アニメ・コミック

Angel Beats! 5話「Favorite Flavor」

前回、予告の最終が音無の声だったので音無回かなと思ったんだけど橘(生徒会長・天使)回でしたね

天使は自分たちと同じような存在なのではないか、との予想からそれを確かめ、さらにダメージを与えるためにテストをすべて0点にし、生徒会長から引きずりおろす作戦を実行するゆり
ゆりの予想は的中し、橘を生徒会長から解任させることに成功する
しかし、音無は橘と対立することに疑念を抱き始める・・・

ゆりは天使が自分たちと同じような存在であると知ったし、生徒会長から引きずりおろしたのにどうしてそこまで敵対心を抱いているのでしょうか
橘は不真面目な生徒をおとなしくさせるために存在しているのではなく、自分も平穏な学園生活を送りたいだけなんですよね
SSSメンバーとの戦闘も平穏無事に生活するために止めようとしているだけで・・・
SSSメンバーが一方的に敵対心を抱いているだけで橘は自分を守るために技を覚えただけなんですよね

トルネード作戦も成功し、食堂で麻婆豆腐を食べる音無
誰も食おうともしない麻婆豆腐だが、以外においしいことが判明
その後ゆりから橘の購入したものだと聞かされる

この時、音無はライブの時に来た橘はこの麻婆豆腐を食べたかっただけなんだと気付くんですよね
小さな幸せまで奪ってしまったという罪悪感が音無を支配するわけです
橘を仲間に・・・と言ったのも一方的に橘を攻めてしまった罪悪感から言ったのではないでしょうか

少なくとも今回、音無は橘を攻める意味があるのか、これでいいのだろうかと気付いたわけですね

これからどうなっていくのでしょうか


そして新たに副会長が生徒会長になったわけですが、怪しい臭いがプンプンしますね
容赦しないと・・・
もしかしたら新生徒会長こそ神に創られた存在なのでは・・・

自論ですが、副会長を止めるために橘が生徒会長としてトップに立っていたのだったり・・・まぁ考えにくいですね


次話も気になりますね


ストーリーも奥深かったけどネタ要素も豊富だったなぁ
気痩せするタイプなんですとか言われた瞬間思わず笑ってしまった・・・
椅子ジェットも面白かったけど気痩せの時が意外すぎて・・・
なんだろう・・・眼鏡でムキムキであのポーズ・・・ホモっ気がする・・・

テーマ : Angel Beats!
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

あいす

Author:あいす
ゲーム・アニメについてなどについて細々と語っていきます
まだ始めてそこまで経っていないのでわからないことや不備が多いと思いますが、日々精進のつもりでやっていきますのでよろしくお願いいたします
いろんな方と交流が持てたら嬉しいなぁと思っております


基本的にリンクフリーで相互リンクは常時募集中!コメント、TBも気軽にしていただければありがたいです
(リンクはどんどん増やしたいけれど性格上なかなかいいだせない・・・気軽に声掛けていただけるとありがたいです)

年齢・時期的に忙しく、お返し訪問ができない事がかなり多いです・・・申し訳ありません。


Twitter登録しました!
-氷心(hyoshin9)

SkypeID hyoshin9
-基本チャット専ですが

mixiでは雑記メインで活動しております。(こちらの事についてはほぼ触れてませんが)
mixiキーワード
-Iceheart

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。