スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちばんうしろの大魔王

今回はプロローグからいきなり宗教的面が濃いものとなりましたね
本編もかなり宗教の絡んだ物語となっていましたが・・・

さて今回は絢子のお見合いについての電話での話のシーンから
阿九斗の知らない所でお見合いの予定まで決まってしまいましたね
そして絢子の先を想定した一人芝居が始まります
人には恥ずかしめられたとかで怒るのに自分ではその辺の人目は気にならないのだろうか
恋に一途なんでしょうね。純粋というかなんというか・・・まぁこれは周りから見れば完全に痛い人の領域ですけれどね(笑)
このシーンには思わず笑ってしまいました

そしてでました万能ころねちゃん!
今回の道具は「対阿九斗探知機」
この声って何をイメージしてだしているのだろうか・・・某ネコ型ロボットの口調ではないし・・・


そして絢子はちゃんとお見合いの事だといいだせずに伊賀へ
阿九斗は絢子の父親との話合いで「絢子の事を好きかね」という問いに対して
阿九斗「はい、大好きです」
これは完全にやってしまいましたね
阿九斗的には友達としての意味合いなんだろうけれども状況的には完全に大人としての話合い・・・
阿九斗はどうしてこんなにも鈍いのだろうかというくらいですね
というか、阿九斗は状況を憶測で話をするのが多いですね
そして相手は絶対に納得してしまうであろう言葉が
「どのような困難があろうとも絢子さんの周囲や家族の環境に配慮し、彼女のために最善の選択をしたいと思います」
これってもう娘さんを僕にください!って言っているようなもんですよね(笑)
お父さんに結婚を許してもらうときの言葉でよくありそうな気がする。というかすごく実用的な気がする
共に暮らすってヒロシ達も一緒なんですから少し同じ屋根の下で寝るくらいならヒロシも共同で話すでしょうし、阿九斗の憶測での話は逆にどうしてそうなるんだといえるくらいのものですよね

絢子が部屋に来た時に結婚の話を告げられた時もまるで気付かなかったと・・・あんたどんだけ鈍いんや!って言いたくなりましたね~
最初のころは阿九斗が不運すぎて話が逆方向に進んでいくなぁと思っていたけれど、最近のは阿九斗のせいでもあるような気がしますね・・・


そしてこれから宗教がらみの展開へ

今回出てきてるのは3つの宗教派閥かな?
コロ神・スハラ神・マークト神

とりあえず勘違いでいろいろあったようですがまぁこの辺の話は難しいのであまり書かないことにします
私的なものと政治的なものが混ざって起こった複雑な事ですからね・・・

ここにきて宗教的な話が大々的に混ざってきたワケですが、世界観やストーリーがよくわからないものに・・・
阿九斗が魔王という称号をつけられながらも神に近しい存在になろうとするアニメで、ブレイブはこれからその障害にもなりえるキャラでこれからヒロシと阿九斗、(神を目指す)魔王と正義の味方といった複雑な関係でストーリーが展開していくのかなぁと思っていたところの宗教的お話

ちょっと難しくなってきましたねえ~

照屋家はけーなを暗殺しようとしたけれど、帝国の大和望一郎がそれを阻止
照屋栄子は照屋家であり、帝国にも所属している・・・
栄子はどっちの派閥に所属しているんだ・・・どっちもだろうけど、対立しちゃった場合はどうなるのだろう・・・


で、最後は阿九斗が大和望一郎と対立して魔王っぽくなって終了・・・

先生さっぱりわかりません!

これは今後の展開が分かりやすいものになればいいなぁと期待しているしかないですね
まぁ話は分かりにくいですが見る分には面白い話だと思いますけどね。これからがいいところっていう感じで終わりましたし、次回に期待するとしましょう
スポンサーサイト

テーマ : いちばんうしろの大魔王
ジャンル : アニメ・コミック

いちばんうしろの大魔王 8話「あの子にご執心?」

時折出てくるあの髪飾り
そして今回出てきた孤児院の少女はけーななのか
声優が同じでキャラの髪色も似てるからたぶんけーな何だろうとは思うんだけど、この話は後々の話の伏線なのだろうか?
あの不思議な能力の髪飾り。今回もOP前の前座に映ってたけれど、なにか重要な物なのだろうか・・・
その辺の重要度が今のところよくわからない。これだけ何かを匂わせるなら何かあるのだろうとは思うのだけれど


さて今回は不二子のえろ~いシーンが

最近見ていて思うんですけども、自分ってこのアニメに期待しているのはギャグとエロだけなのかも・・・
ストーリーは全く期待していないのか?と言われるとストーリーも大事なのだけれど、このアニメって1話からギャグ押しな感じをだしてましたし、ストーリー自体もちょっとわかりにくいですよね

ということで個人的な感想では7話の戦闘シーンなんかよりもころねがトイレで覗きをしていたりする笑えるシーンや8話の服が破れて喘いでるシーンの方がよかったり・・・・

7話のミスターXは変態だー!!とか言ってたけど自分も十分変態なのかな・・・
でもこのアニメはそういうのを期待すべきアニメのはず・・・製作の意図に嵌ってるハズなんだ!


今回のメインである孵化した魔獣が暴れるお話
あの卵が孵ったのは阿九斗のマナを吸ったということでいいのかな?まぁお話上では吸ってようが吸ってまいがああなるんだからこの疑問は正直どうでもいいのですけどもね
ただ阿九斗の意思とは反対にどんどん魔王への階段を上っているのかなぁとは思いますね

さて、今回魔獣を倒したのはやっぱりブレイブ
うーん・・・どんどんブレイブが活躍していくことでヒロシへの好感度がどんどん薄れていく・・・弱い人は(私もですが)強い人に憧れをいだくものです。でも、それを他人が現実にしてしまうのはあまり交感がもてないものなのですよね・・・
しかしピーターハウゼン曰く魔王が成長していくにつれ魔獣もどんどん活性化してきているらしい
つまりブレイブはこれからもっと活躍してしまうんですよね
しかもヒロシ・・・今回アイドル?の子を助けたためにキスまでされちゃっていた
ヒロシは正義の味方に慣れてキスまでされてまんざらでも無い顔をしていたけれども力のない自分からしてみれば残念だなぁ・・・
まぁまずアニメの世界だから現実とは違うのだけれども・・・でもそれでも弱者が強者になるのは残念でした

テーマ : いちばんうしろの大魔王
ジャンル : アニメ・コミック

いちばんうしろの大魔王 7話「伝説の勇者現る!」

魔王を倒すための職業である勇者
なんとそれはヒロシだった!!

な、なんだって~!!

まぁ、個人的意見なのですがヒロシが何になってようがどうでもいいんですよね
最後には魔王である阿九斗と対峙することになるんでしょうけども・・・
個人的にはヒロシは弱くて阿九斗にくっついてるキャラの方がよかったかなぁ・・・強くなりたいってなってからちょっと交感がもてなくなってきているかなぁ・・・


今回登場した敵、ミスターXですか?
重度の変態さんでしたね・・・
けしからん!
ナマコは別にいいんだけど男が女の子に手をだすのはけしからんのです


今回は迫力ある演出というか作画でしたね
迫力あるのはいいんですけども迫力ありすぎて何やってるのかよくわかりませんでしたね
また個人的な意見なのですが、実は戦闘シーンとかには期待してなかったり
このアニメのいいところはギャグだと思ってるんですよね


ヒロシはこれからヒーローとして活躍していくのか・・・なんだか共感できるというか身近な感じのキャラだったのに残念ではあります・・・

テーマ : いちばんうしろの大魔王
ジャンル : アニメ・コミック

いちばんうしろの大魔王 6話「臨海学校へ行こう!」

そういやころねって送りこまれた監視員でしたね
裏で行動してるから刺客みたいなものなのかな?

阿九斗には嫌われたくないし一緒にいたいけれど、命令にはむかったり失敗してしまえばおそらく解任以上の罰があたえられてしまう・・・
リラダンだから用済みになってしまえば阿九斗と一緒に学園生活を送ることもできない・・・
それを考えるところねもかわいそうですね・・・

しかし命令のために阿九斗に色仕掛けするころねはよかったですね~
主流派のじじい共GJ!


そしてスルーできない海水浴でのナマコのあのシーン・・・
ナマコのねばねば云々を言う前に自分からしてみればナマコを普通に持ってしごけるけーながすごいです
阿九斗も絢子に「こういうの苦手なの?」とか聞いてたけど普通は苦手だと思うんだ・・・
見れるだけならいても掴んでしごくっていうのはねぇ・・・男でも無理な人多いと思います

で、まぁ典型的というかさぁ視聴者さん行きますよ!といわんばかりにナマコが白い液をだしましたね
あそこは歓喜するべきシーンなのだろうけど、自分もナマコはうねうねしてて苦手なのでちょっとねぇ・・・


リラダンを使って阿九斗を動かそうとする主流派に愛想をついて穏健派の味方になったリリィだけどまだ真意というか心の内は謎がありますね
今回のは邪魔をするなっていう忠告なんでしょうけどもまだ少し謎があるかなぁ
ピーターハウゼン達にいい知らせを伝えにくるのを見る限り悪い雰囲気はないですけどね。阿九斗は悪い方向にことがすすんでしまいますからそこが心配ってとこですかねえ

不二子はもう完全に阿九斗の味方って感じですね
もともと阿九斗を従えたたいっていう程度の考えだったんで阿九斗が強大な力を持ったいまは一緒にいたいっていう感じなんでしょうね


5話でもでしたけどヒロシが力に執着してるのはどうしてなんでしょう
弱いのはいやだし、守ってもらってばかりってのも男として嫌だとは思うけどどうも雰囲気からしてそういう理由ではないような気がします

ヒロシが力に執着する理由は?はたして力を持っている阿九斗にはヒロシの気持ちを理解することはできるのでしょうか?

そして最後に銃声のような音とともに倒れていくころね・・・

次回はシリアス展開も結構多そうな気がしますね~
次回も待ち遠しい!

いちばんうしろの大魔王 5話「地下迷宮にご用心」

万能コロネちゃん!
ダウジングが入ってるかばんって・・・銅鐸やらこけしやらも入ってたし後に水温調査する機械も出したしこのかばんは某ロボットと似たようなものなのかな
そういや以前も某ロボットに似てるっていったような・・・

地下水みつけちゃいましたって何かの真似?自分も誰?それと思ってしまいました
その後のダウジング中の顔もちょっと細部簡略化されて面白かった
どんどん好感度があがっていくなぁ~


さてさてけーねの言葉とドラゴンのログにより不二子を助ける決意をし、不二子をドラゴンから見事救い、魔王の遺産のドラゴンから魔王と認められたわけですが
ドラゴンとの戦闘シーンが早すぎてよくわからなかったのが残念だったなぁ~
あっというまに阿九斗が跳んでドラゴンと殴り合って?ドラゴンに認められちゃってたからなぁ
その辺が少し残念だった気がしますね

魔王と認められた阿九斗に抱きつく不二子、キスをする生徒会長
この行動には裏があるのだろうか・・・
それとも魔王の魅力とかいうヤツなのだろうか・・・


僕は魔王になんかならないと言っていた矢先にドラゴンに認められちゃってるからなぁ・・・阿九斗も本当に災難ですね
プロフィール

あいす

Author:あいす
ゲーム・アニメについてなどについて細々と語っていきます
まだ始めてそこまで経っていないのでわからないことや不備が多いと思いますが、日々精進のつもりでやっていきますのでよろしくお願いいたします
いろんな方と交流が持てたら嬉しいなぁと思っております


基本的にリンクフリーで相互リンクは常時募集中!コメント、TBも気軽にしていただければありがたいです
(リンクはどんどん増やしたいけれど性格上なかなかいいだせない・・・気軽に声掛けていただけるとありがたいです)

年齢・時期的に忙しく、お返し訪問ができない事がかなり多いです・・・申し訳ありません。


Twitter登録しました!
-氷心(hyoshin9)

SkypeID hyoshin9
-基本チャット専ですが

mixiでは雑記メインで活動しております。(こちらの事についてはほぼ触れてませんが)
mixiキーワード
-Iceheart

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。